アフリカ・クルーガー国立公園で野生の動物の観察

サファリカーでゲームドライブ!クルーガー国立公園2日目は雨のサファリで動物観察&モザンビークマプトを自由行動で観光!

大雨の中のサファリは「嫌だ」と思っていましたが、雨の動物の活動を見る事ができ、貴重な体験でした!

本記事は、ピースボート29日目(1月7日)クルーガー国立公園2日目の体験記です。

スポンサーリンク

クルーガー国立公園2日目(1月7日)

2日目のクルーガーサファリやマプト観光はハプニング続きでしたが、

雨の日の動物の様子を観察する事ができ、たくさんの動物に出会えたので大変でしたがいい経験になりました!

雷と大雨で深夜3時に目が覚める

ドーン!という大きな音と共に、ザー!っと大雨が降り始めました・・・

ここ最近、クルーガーサファリでは雨が降らなかったそうで、久しぶりの雨だったみたいですが、降る時はこんなに激しい雨が降るのか?

と驚きました!

起床&テントロッジが水浸しな事に気が付く

激しい雨だったせいか、テントロッジの一部が水浸しになっていました。

テントのようなロッジで、プラスティック製のテントでマジックテープで着脱できる窓がありそこから雨が入ってきたのですが、

これがテントロッジではなく一般的なテントだと多分、全てが浸水していて大変だったと思います。

個人的には、程良いワイルドさで、テントロッジならではの体験ができて、この体験は貴重だと感じました。

コテージで朝食

朝4時半に起きたので、5時過ぎからロッジで朝食。

朝が早かったので、人が少なくフルーツとパンの朝食をゆったりと食べる事ができました!

大雨の中ゲームドライブへ

夜中からの大雨が降り続く中、約4時間のゲームドライブへ!

正直に言うと、大雨の中のゲームドライブは嫌でしたが、雨の日に活発になる動物や・動物の雨の日の過ごし方を観察する事ができ、

それはそれで良かったと思います。

雨を嫌がるインパラ

インパラは晴れの日は元気な感じで、昨日は草を食べて歩いていましたが、

雨の日はほとんど動かず、とても嫌がっているように見えました・・・

びしょ濡れのライオン

百獣の王ライオンですが、雨が降ると自慢のタテガミがびしょ濡れになり、

情けない感じになります。

こんなライオンは動物園でもあまり見かけないので、珍しい物を見る事ができました!

バッファローの群れ

バッファローは水牛の一種だと聞いた事があり、名前にウォーターや水と付く動物は雨や水が好きみたいです。

昨日は晴天だったので、バッファローは水たまりでぐったりしていましたが、今日はとても元気で、群れで草を食べていました!

美しい姿のウォーターバック

もののけ姫に出てくるような美しい姿のウォーターバックは、川辺の岩の上を歩いていました。

今回のサファリ体験で見た動物の中で、個人的には一番きれいな動物だったと思います。

親子連れのゾウ

ゲームドライブ中ゾウの群れにも遭遇し、赤ちゃんゾウの姿を見る事ができました!

群れには、大きなゾウ・中くらいのゾウ・小さなゾウ等、様々なゾウが居て、兄弟姉妹が一緒に暮らしていると思いました。

戦うサイ

サイが縄張り争いかメスの取り合いをして戦う様子を見ました。

角を突き合わせて戦う様子は迫力があり、動物園では絶対に見る事のできないシーンでした。

観光バス中でお弁当

ゲームサファリが終わるとバスの中でランチパックを食べる事に!

内容は、

  • リンゴ
  • バナナ
  • サンドイッチ
  • ジュース
  • グミのような物
  • ナッツ
  • チョコレート

でした。

南アフリカサファリ観光のアドバイス&裏話

「サファリに来たならワイルドな滞在がしたい!」と思ってこのロッジを選びましたが、ビュッフェスタイルの食事ではマナーの悪い団体客と一緒だったため、本当に気分を害しました。

その理由は、ビュッフェで大量に取る人が居て食べたい物が全部無くなっていた、食べ物を取るのに20分くらいかかった、騒がしくて落ち着けなかったという事で、

大自然をゆったりと満喫するために来たのに気分がぶち壊しになりました。

せっかく南アフリカまで来たのにこんな思いをするなんて・・・と安いロッジを選んだ事を後悔しました。

そのため、宿泊するなら鳥の声や風の音を満喫する事のできる落ち着いたプライベートな空間を満喫する事のできるロッジがお勧めです!

南アフリカのサファリでおすすめのロッジ

雰囲気が良くサファリの自然を満喫する事ができる評判の良いロッジを集めました!

ロッジの宿泊料金・雰囲気・サービス・施設設備の詳細な情報にご興味のある方はリンク先でご確認下さい。

モザンビーク警察にバスが止められる

色々な問題があり、モザンビーク警察にバスが止められ、1時間程度バスが止まりました・・・

この前にも、何故かは分かりませんが、しっかりとした観光バスから、狭いマイクロバスに乗り換えさえられるという謎の出来事があり、

モザンビークってややこしい場所なのかな?と思いました。

モザンビークマプト観光でモザンビークが嫌いになる

モザンビーク・マプトを観光していて、たったの2時間でモザンビークという国が嫌いになりました。

理由は、

  1. 街が不潔で危ない
  2. 身長180㎝以上ある大人が女性に金をせびる
  3. 物売りがしつこすぎる
  4. 恐喝事件が多発している(治安が悪い)
  5. 人々が欲張りすぎて見ていて嫌になる

正直、モザンビークという国は今まで行った国の中で一番嫌いで、個人では2度と行かないと思いました・・・

まとめ

色々なハプニングがありましたが、勉強になる事が多く、アフリカはどんな所なのか?を少し理解する事ができました。

次の寄港地は南アフリカですが、今度は動物を見るのでは無くゲームミートを扱うレストランで、シマウマやクドゥ等の肉を食べてみようと思います!

【記事一覧】世界一周の旅の続きを読む

【全記録】世界一周104日間の全体験記

【前の章】満点の星空と感謝を伝えるクリスマス

21日目:モーリシャス1日観光モデルコース&スケジュール!

22日目:半日でOK!レユニオン島・観光モデルコース!

23日目:洋上で新年を迎える!豪華なお正月

24日目:マダガスカル・ベレンティー保護区!ロッジで動物観察

25日目:マダガスカル!ベレンティー保護区&フォールドーファン観光

26~27日目:トラブルの事情聴取と強制下船

28日目:ロッジ宿泊!クルーガー国立公園で野生の動物の観察

29日目:アフリカ・クルーガー国立公園で野生の動物の観察2日目

30~32日目:レアな食べ物と最悪の一日

33日目:南アフリカ・ケープタウン|定番&ゆったり1日観光スケジュール