バルパライソ・サンティアゴ観光を満喫!1日弾丸モデルコース!離脱:2日目

1日で世界遺産の街バルパライソ&サンティアゴ観光を満喫する弾丸モデルコース!昼食はチリの名物海産物・山盛りのウニを堪能する贅沢コース!

サンティアゴ観光

欲張り&贅沢なのに意外とリーズナブル!やっている事は贅沢なのに費用は格安!観光コースをご紹介します!

スポンサーリンク

バルパライソ観光

バルパライソ青空美術館を見物

バルパライソ青空美術館

カラフルな建物と壁画がキレイだと言われているバルパライソ最大の観光スポット青空美術館へ。

世界遺産に登録されているはずのバルパライソでしたが、美しい絵の上からさらに落書きがされている物が多く、せっかくの青空美術館が台無しになっていました・・・

ホステル朝食&チェックアウト

コンチネンタルブレックファスト

ホステルに戻って朝食!

メニューは一般的なコンチネンタルブレックファストでしたが、キャラメルジャムが美味でパンに塗るのではなく、そのまま食べてしまいました。

朝食を食べるとチェックアウト!ホステルの宿泊料金15$を支払いチェックアウトしました。(朝食込でこの値段は安い!)

ソトマヨール広場を観光

ソトマヨール広場バルパライソ観光スポット

バルパライソの中心部の美しい広場を見物!

中南米ではどの町に行ってもこんな広場はありますが、同じような広場はバルパライソにもありました。何でかな?

カラフルな家々を見る

バルパライソ風景

山々に張り付くように建てられた家々をもっと近くで見てみようと思い、少し山に向かって歩いてみる事に!

バルパライソカラフルな家

近くで見てみると、中には今にも崩落しそうな家があり、日本の建築基準法では絶対アウトだと思いました・・・

住んでいる人は怖くないのかな??

バスでサンティアゴへ

バルパライソ~サンティアゴバス

昨日と同じように、コレクティーボ280ペソ・バルパライソへの長距離バス2700ペソを使ってサンティアゴへ。

バルパライソ~サンティアゴ間の景色はほぼ同じで、本当に面白くないので眠る事に。

サンティアゴ観光

サンティアゴの地下鉄に乗ってみる

チリ・サンティアゴの地下鉄

自由行動でサンティアゴ旧市街地を観光するには地下鉄が便利なので乗ってみる事に!

サンティアゴの地下鉄は自動券売機ではなく、人が紙の切符を売っていてアナログなところもありますが、電車や駅のホームはフランスよりも綺麗でした。

(1回660ペソ・3回使用で1980ペソ)

モネダ宮殿

チリ・サンティアゴ・モネダ宮殿

チリの歴史に関係の深いモネダ宮殿へ。

宮殿の近くの広場には、柵が設置され衛兵が監視する姿がありました。

反対側はチリの国旗が10個以上立てられた広場で、こちらでは衛兵が隊列を組んで式典を行う様子を見る事ができました。

サンティアゴ大聖堂

サンティアゴ大聖堂

立派な教会だったので教会に入ってみる事に!

外観は立派ですが、内部は一般的な教会で、信者が礼拝をする大ホールには入る事ができませんでした・・・

因みに、大ホールの中は装飾が少なく、シンプルで厳かな雰囲気でした。

中央市場見学

中央市場チリ・サンティアゴ

チリの新鮮な魚介類を扱うサンティアゴ中央市場を見学!地球の裏側だけあって、今までに見た事の無いような魚が沢山陳列されていて驚きでした!

中央市場をもっと中に進むと、たくさんのレストランが集まった場所があり、一番お洒落だったレストランで食事をする事に!

チリの新鮮なウニで豪華な昼食

チリ・サンティアゴ・ウニ新鮮

日本人にはウニが人気だとの事で、ウニを注文すると、大き目のスープ皿なみなみのウニが出てきて日本では考えられない量のウニが食べられました!

チリでは、香草や玉ねぎがウニと同時に提供されましたが、個人的にはオリーブオイルと塩で食べるのが美味しいと思いました。(10000ペソ)

アルマス広場見物

チリ・サンティアゴ・アルマス広場

市民の憩いの場のアルマス広場では、人々がゆったりと午後の時間を過ごす様子や、生活用品・食べ物等を売る様子を見学しました。

日本では、平日の昼間から公園でのんびりとしている人は少なく、日本人もチリの人々のように、もう少しゆったりとしたら良いのにと思いました。

サンティアゴ博物館

サンティアゴ博物館

赤とピンクの中間の色合いの可愛らしいサンティアゴ博物館はサンティアゴの歴史を紹介する博物館だそうです。

今回は本当に時間が無かったので博物館の中に入る事はできませんでしたが、次回にサンティアゴに行った時は中も見てみようと思います。

サン・フランシスコ教会

サン・フランシスコ教会チリ・サンティアゴ

時間が無いので諦めようと思いしたが、サンティアゴ・チリ滞在の中で行って良かったスポット3位以内に入る程に良いと感じた教会です!!

理由は、石造りの立派な教会で細工等も一般的な教会に比べると凝っているからで、歴史を感じる見応えのある教会でした。

チリ・サンティアゴ観光アドバイス&裏話

「英語ができるから安心!」とタカをくくっていましたが、チリ・サンティアゴは殆ど英語が通じません。

そんな状況で「空港への行き方が分からない」というハプニングが発生し、飛行機に乗り遅れそうになるというハプニングが発生・・・

この時思ったのは「空港送迎サービスのあるホテルに泊まれば良かった・英語が通じるホテルでタクシーの手配をすればこんな事にはならなかった・・・」で、ホテル選びを失敗したと思いました。

サンティアゴで空港シャトルサービスのあるホテル

  1. ルネッサンス サンティアゴ ホテル
  2. ザ・リッツ・カールトン サンチアゴ
  3. マリオット サンティアゴ
  4. 空港ホテル:ホリデイ・イン サンティアゴ エアポート

語学に自信が無い方の場合、出発日は空港が目の前にあるホリデイ・イン サンティアゴ エアポートに宿泊される事をお勧めします。

バルパライソで眺めが良く空港送迎があるホテル

やっぱりバルパライソの夜景は最高です!

空港からは3時間程度かかりますが、夜景を楽しまれたい方は眺めが良い&空港送迎付き(バルパライソは治安が悪い)のホテルの利用がお勧めです!

使ったお金の総額&まとめ

プンタアレーナス~サンティアゴ~バルパライソと大移動をしたので、この日は一日移動だったような感じですが車窓観光で景色を堪能し、体力的に楽でそこそこ観光もできた一日でした。

この日使ったお金の総額

レートは1円=5.8ペソ・1$=112円で計算

  • ホステルの宿泊料金15$
  • コレクティーボ280ペソ
  • バルパライソ~サンティアゴ長距離バス2700ペソ
  • サンティアゴ~空港バス1700ペソ
  • サンティアゴの地下鉄3回使用で1980ペソ
  • マシュマロ100ペソ
  • 昼食ウニ10000ペソ
  • アイス900ペソ
  • コーラ850ペソ
  • 航空券代:17,034円

合計:4450円(航空券代込みの場合21,484円)

ホテルの代金込・昼食に2000円近いウニを食べたのでこの値段になってしまいましたが、移動費以外の費用もほとんどかかりませんでした。

ウニを食べず・空港に行かなければ宿泊費込で2000円台で1日楽しめたと思います。

【記事一覧】世界一周の旅の続きを読む

【全記録】世界一周104日間の全体験記

【前の章】南極からの帰還!マゼラン海峡突入!

1日目:南米の交通機関!空港・飛行機・港・バス・ラウンジ!大移動の1日!

2日目:バルパライソ・サンティアゴ観光を満喫!1日弾丸モデルコース!

3日目:高山病対策!ボリビア・ラパス1日ゆったり観光モデルコース

4日目:ボリビア・ペルーバスで国境越え!チチカカ湖とアルプスの車窓

5日目:チチカカ湖ホームステイ2日間!トトラの浮島訪問&スローライフを学ぶ

6日目:チチカカ湖ホームステイ&インカ時代の暮らしが残るタキーレ島滞在!

7日目:プーノ~クスコ移動!インカエクスプレス遺跡巡り&ペルー料理ビュッフェ

【次の章】ペルーレイル乗車!聖なる谷とマチュピチュ村|1泊2日ツアー体験記

次の章ではついにマチュピチュへ!インカ帝国の壮大な古代都市でインカ文明に触れました!