ピースボートを離脱とは?自力で格安旅行にチャレンジする方法

ウユニ塩湖やマチュピチュにピースボートのオプショナルツアーで行く場合、高いツアーでは50万円を超えるツアーも珍しくありません。

やり方によっては、自由行動で観光するとオプショナルツアーの5分の1以下の金額で済む場合があり、圧倒的に安く済むのでお得です。

旅費を節約したい人は、自分で航空券のチケットやホテルを手配し、船を降りて自力で観光をします。(離脱と呼ばれている)

スポンサーリンク

オリジナルツアーを作って格安旅行をする方法

離脱して自分で観光する人が多いマチュピチュ・ウユニ塩湖をモデルコースとして、

現役バックパッカーが3つの段階に分けて、ピースボート離脱・自力観光の方法を簡単に説明します。

STEP1 スカイスキャナーで航空券を検索

まず初めに航空券を探す必要があります。

航空券は「スカイスキャナー」で検索すると、最安値で予約ができる飛行機を簡単に検索する事ができて便利です。

航空券を検索し、都合の良い日時に便がある・納得できる価格の航空券が見つかった段階で、仮の旅程表を作成します。

ピースボートの離脱で一番大切な事は、「航空券が見つかるかどうか」で、航空券の目途が立たない場合は、はっきりとした予定が決められません。
スカイスキャナー

STEP2 トリップアドバイザーでホテルを探す

飛行機が決まったら、トリップアドバイザーでホテルを検索!

トリップアドバイザーは、数社のホテル予約サイトから最安値の宿泊施設を検索できるサイトで、ホテルの画像や口コミが掲載されているのでホテル探しに便利です。

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

STEP3 オプショナルツアーサイト「ベルトラ」でツアーを検索!

オプショナルツアーは、現地でも予約をする事ができますが、日本で予約をしておくと安心です。

ベルトラは、HIS・JTBと比べると料金が安く、ホットホリデー(評判が悪い)に比べると評判が良くバランスが取れています。

ヨーロッパやアジアはもちろん、中南米のツアーの取り扱いの種類が多い事も特徴で、ピースボートの利用者の強い味方です。

24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー取扱VELTRA

注意事項

離脱で観光する場合、次の寄港地で合流する必要があるので、飛行機の遅延やキャンセルには注意して下さい。

何度も飛行機を利用した事がありますが、天候等の影響で数時間の遅れは珍しい事では無く、日本でも飛行機の遅れで家に帰る事ができなくなり、駅で野宿をした事があります。

特に、中南米では飛行機の遅延が多発しており、ピースボートで離脱する場合は合流する港に出港予定日の最低でも2日前に到着する予定の飛行機の予約が推奨されています。

離脱をする方は旅慣れている方が多く、「合流に失敗した」という話はあまり聞きません。

余裕を持って旅程を組んでいれば大丈夫な場合が多いので、詰め込み過ぎないようにする事が成功のポイントです。