ピースボート離脱の方法と手続きは?|船を離れて自力&格安で観光する!

ピースボート・一時下船(離脱)の方法・手続き・かかる費用・注意点をマチュピチュに行った際の体験談を交えてご紹介します!

ピースボートを一時下船して現地で宿泊し、マチュピチュ・イグアス等の観光地を自力で回る事を離脱と言います!

スポンサーリンク

ピースボート・一時下船(離脱)の簡単な流れ

下船5日前までに行う事

  1. レセプションに行き必要書類をもらい注意事項・書類作成方法を聞く
  2. 書類を記入する
  3. レセプションで料金の支払い・書類の提出

当日の手続き

パスポートの返却・チェックアウト

必要書類

成人の場合は、レセプションで受け取った「一時下船(旅程の一時離脱)申込書のみでOKですが、

未成年の場合は保護者の同意書が必要となるので、未成年の方は乗船前に「保護者の同意書」を準備しておく事をお勧めします。

※船の上から保護者の同意書を取り寄せる場合、インタネットカードやファックス使用料がかかり、余分な費用がかかってしまいます。

費用

  • 一時下船手配手数料(全員):2000円
  • 寄港地入港諸費用(該当者のみ)

ブラジル・リオデジャネイロ:5150円

チリ:バルパライソ:5400円

南半球クルーズでは、上記の港での下船の場合は記載されている金額がかかります。(2017年現在)

注意点

追加の費用

離脱の手続きは、入港5日前までに行う事をお勧めします。

その理由は、5日前までに行わないと緊急乗下船手配手数料と呼ばれる高額の手数料がかかってしまうからで、金額は下記の通りです。

  1. 入港予定日の4日前以降3日前まで:5,000円
  2. 入港予定日の前々日:10,000円
  3. 入港予定日の前日:15,000円
  4. 入港日以降:20,000円

また、下船後に乗船地を変更する場合は、20,000円の手数料が必要になります。

その他の注意事項

アドバイス

  1. パスポート返却は入港時刻の数時間後になるので、飛行機を手配される場合は時間に余裕を持って手配する事をお勧めします。
  2. ピースボートの入港時刻・予定場所が変わる場合もあるので、現地の船舶代理店に問い合わせをする事が推奨されています。
  3. 合流に失敗して連絡をしなかった場合は旅程が残っていても船に合流できなくなるので、合流できない理由があった場合はジャパングレイスに連絡して下さい。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする