ピースボート乗船記|上海寄港日!観光をせずに船で時間を過ごした体験

ピースボート上海寄港日!観光をしなかった理由は?何をしていたの?観光を全くせず、上海宝山国際クルーズターミナル散策のみで30分にして船に帰った面白い体験記!

12月13日の旅の日記!上海を観光しなかった理由は少しネガティブですが、面白い事も結構あって、前回のクルーズでお世話になった外国人の船員さんとお話ができてすごく嬉しかったです!

スポンサーリンク

上海で観光をせずに船に残った理由

理由1:不便&悪天候

上海宝山国際クルーズターミナルは、地下鉄3号線の宝楊路から4km離れている上に、雨が降っていて寒いので上海は観光をせずに船で過ごす事に。

しかも、雨具を忘れたので、冬の雨に濡れて風邪を引くのが嫌で、今後の事を考え、上海観光はパス!

理由2:物価が高い割りに魅力が少ない

上海宝山国際クルーズターミナルの両替所のレートはすごく悪く、1元=20円であまり関心の無い寄港地でお金を使うのは「どうかな?」とも思い、シンガポールにお金を回す事にしました。

また、上海には3度行った事があり、天気が悪い中、何度か行った観光地を寒い中で嫌々観光するのは嫌だとも感じました。

理由3:最寄り駅から船に帰るのが大変

ターミナルからはタクシーが拾いやすいのですが、市内からのタクシーは拾うのが難しいそうで、雨に濡れながら帰るのは嫌で、

もしもトラブルがあれば、帰船リミットに遅れて面倒な事になりかねないと思ったので、リスクを避けるために船に残る事に。

理由4:パスポートを持ち出す事ができなかった

上海ではパスポート原本が無いと両替をする事ができず、両替ができないという事は何かあった時に対処できないリスクが増すと感じました。

理由5:環境汚染がひどすぎて気分が萎えた

上海は、水はドロドロ・空気は濁っていてスモッグが酷いと感じました。雨が降っていたので汚い水が空から降ってくる・・・服が汚れると思ったので嫌でした・・・

船に残った理由まとめ

ピースボート上海着岸場所は不便で、上海には何度か行った事があったので興味が無く、悪天候の中、わざわざ観光するのは嫌だと思ったので船に残りました。

観光をしないで何をしていたのか?

93回ピースボートでは、船を降りたくないという方が結構多かったようで、私の他にも手続きを済ませて早々に船に戻る方が結構居ました。

上海宝山国際クルーズターミナルで食事

一応上海に来たのだから、少しでも上海を味わおうとターミナルのレストランで牛肉ラーメンを食べました。

ターミナルだけあって値段は38元(760円)で意外と高かったのですが、日本の大盛りサイズで牛肉はトロトロ・麺はツルツルで美味しく頂く事ができました。

ターミナルのコンビニ観光

コンビニには、ポッキー・おっとっと・カップヌードル等の日本のメーカーの製品が売られていて、

マンゴー味の冬限定のポッキーを見つけました。

中国名で書かれた名前が面白く、「おっとっと」がすごく難しい漢字だったので関心しました。

中国人乗船客のお出迎え

今回のクルーズは、上海で乗船する中国のお客さんが多く、着物を着たスタッフが桜の前に立ちお出迎えをしている様子を見ていました。

日本人が外国人をもてなす様子を見る事は少ないので、新たな発見でした!

英会話個人レッスン

寄港日は外国人クルーさんはあまり忙しくないそうで、話し相手になってくれました。

英語力向上・外国の文化を知る事もピースボートに参加した理由で、英語で日常会話を楽しみました。

日本で英語の個人レッスンを受けようとすると1時間5000円程度はするのでお得です!

寄港日昼食特別メニューを食べる

寄港日は、昼食メニューが普段とちがっていて、おにぎりがが出ます!

今日はたらこのおにぎりで、結構美味しかったので満足できました。

同席になったシニアさんが全員ビュッフェで山盛り食べていたので、驚きでした。

前回の世界一周でお世話になった外国人の船員さんとお話ができた

2年半の間、ずっとずっと話したかったバリ島出身のピースボートクルーさんとお話をして、バリ島に会いに行く約束をしました!

本気で話がしたかった方だったので、感動!感動!感動!で、この人と会えただけで上海観光以上の価値ある時間でした!

この方は12月10日にバリに帰るので、できる限り早く話をしたいと思っていて時間が取れて良かったです。

まとめ

せっかくの寄港地で観光しないなんて「もったいない」と思われるかもしれませんが、

寄港日は船内生活がいつもと少し違っていて、船内でゆっくりしたり、英会話の個人レッスンができたり、本気で話したかった方と話ができたのが満足でした。

これがレアな観光地の場合はもったいないと思いますが、上海・韓国等に何度も行かれた方はこんな選択もアリだと思います。

【記事一覧】世界一周の旅の続きを読む

【全記録】世界一周104日間の全体験記

0~20日目

0:世界一周出発!自宅~船までの流れ!

1~3日目:ピースボート相部屋のメンバーや乗船直後のイベント!

4日目:上海寄港日!観光をせずに船で時間を過ごした体験

5~7日目:ピースボート異国文化・国際交流満載な3日間

8~10日目:誕生日会と様々な人との交流な毎日

11日目:シンガポール1日観光|弾丸旅行の旅プラン&旅程

12~14日目:インド洋での夏のクリスマスイブ

15~17日目:満点の星空と感謝を伝えるクリスマス

18~20日目:記事ナシ