ピースボート12~14日目のインド洋での夏のクリスマスイブ|乗船記

クリスマスシーズンの世界一周クルーズでは、夏のクリスマスイベントを楽しむ事ができ、12月24日に赤道を通過したので、クリスマスイブの赤道通過祭りを体験するという、一般人では絶対に体験できないレアな経験をしました!

南国シンガポールとインド洋を大満喫する南半球クリスマスシーズンの日記です!

スポンサーリンク

マラッカ海峡通過!南国の島々と海!:12日目(12月22日)

インド洋に出る前に、マラッカ海峡をクルーズしました。

ピースボートが島や陸地の近くをクルーズしてくれたお陰で、ヤシの木・美しい砂浜・小舟が釣りをする様子等を眺められました。

日本の場合は島に生えている木は普通の木ですが、東南アジアの南国の国なのでヤシの木でした!!

マラッカ海峡は一般的な船の航路には使われないそうですが、今回はサービスで通ったそうです。

ヘナタトゥーと謎のドリンク・・・:13日目(12月23日)

同じ部屋の子がシンガポールで謎のドリンクを購入したので、みんなで試す事に!

缶にはチェストナッツ=栗と書かれていましたが、絵は謎の木の実で、「一体どんなんだ?」と飲んでみると、

甘くてシャリシャリとした謎のフルーツが入っていました・・・シンガポールのドリンク本当に謎です・・・

ヘナタトゥーにチャレンジ

シンガポールで見たヘナタトゥーを自分でやってみる事に!

シニアさんが練習台になってくれましたが、元々絵が下手なので綺麗なハイビスカスを書くつもりが、しおれたハイビスカスに・・・

「体験できてうれしかった」と言われましたが、下手すぎて複雑な気分でした・・・

赤道通過祭とクリスマスイブ:14日目(12月24日)

ロマンチックな事に、クリスマスイブと赤道通過が重なり、晴天の青い海と空のもと12月24日に赤道通過祭を行う事になりました。

この日はクリスマスイブだけあって赤道通貨祭の他にも、

  • クリスマススペシャルライブ
  • 世界がもし100人の村だつたら
  • アフリカ・サファリの動物紹介

等の魅力的な企画が満載で、一日を満喫しました。

世界がもし100人の村だったら?

地球の全人口を100人の村として考え、クッキーを世界の富に例えて世界の貧困や格差を考える企画です。

アメリカ人約は4枚のビスケットを食べていましたが、アフリカの字が読めない貧しい子供の役の私は、小指の先程度の小さなビスケットしか食べる事ができませんでした・・・

このイベントがきっかけで、格差・不平等を実感し、

「12月24日のクリスマスイブに世界一周クルーズができるのは恵まれすぎている」

と感じました。

クリスマススペシャルライブ

クリスマスツリーの点灯式が行われ、船の専属バンド・アーティストによる生演奏のクリスマスライブが行われました。

明日はクリスマスなので、この日はイベント満載でした!

3日間の感想

ピースボートはマラッカ海峡を抜け、インド洋の青い海を満喫する3日間になりました。この3日間には、赤道通過際・クリスマスイブ等の大きなイベントがありましたが、

同室の子とシンガポールで購入した謎のドリンクのテイスティングをしたり、自分で購入したヘナタトゥーで遊んだり、まだまだシンガポールを感じる3日間でした!

【記事一覧】世界一周の旅の続きを読む

【全記録】世界一周104日間の全体験記

0~20日目

0:世界一周出発!自宅~船までの流れ!

1~3日目:ピースボート相部屋のメンバーや乗船直後のイベント!

4日目:上海寄港日!観光をせずに船で時間を過ごした体験

5~7日目:ピースボート異国文化・国際交流満載な3日間

8~10日目:誕生日会と様々な人との交流な毎日

11日目:シンガポール1日観光|弾丸旅行の旅プラン&旅程

12~14日目:インド洋での夏のクリスマスイブ

15~17日目:満点の星空と感謝を伝えるクリスマス

18~20日目:記事ナシ