ピースボート23日目:洋上のお正月!乗船記

世界一周クルーズ体験記!海の上のお正月イベントと過ごし方は?おせち・餅つき・福引・等々!

ピースボートでは、1月1日に日本のお正月が凝縮されたお正月イベントが行われたので、参加してみました!

この乗船記は、2017年1月1日のもので、インド洋で新年を迎える珍しい体験でした。

スポンサーリンク

ピースボートのお正月の過ごし方とイベントの数々

南半球世界一周クルーズでは、船の上でお正月を過ごす事ができます!

この日記ではお正月で何をしたか?どんな感じでお正月を過ごしたのか?洋上での過ごし方をご紹介します!

早起きして初日の出を見る

海の上でのお正月は、一生に一回あるか無いか?なので、二日酔い&眠かったけど頑張って早起きをしてみました!

日の出を見ようイベントがデッキで行われていて、初日の出を盛り上げるためにアナウンスが行われていて、日の出が出るのが楽しみでした。

最初は雲がかかっていましたが、少しすると美しい日の出を見る事ができ、すがすがしい気分になりました。

餅つきを見物

同室の子がお餅つきの手伝いをしているので、お餅つきを見学してみる事に!

船のデッキでお餅つきが行われましたが、その日は晴天で気温が上がり、友人は暑い中お餅つきのお手伝いを頑張っていて、

そのおかげで「美味しい」という声が続出でした。

お酒の樽を割る鏡開きを見物

テレビでよく見る鏡開きを実際に見物する事ができました!

ピースボートの鏡開きは、船長・クルーズディレクター・船に招かれた音楽家の方々が木づちで樽を割ります。

ピースボート神社でおみくじを引いてみる

8Fのフリースペースにはおみくじが用意され、運試しをしてみました!

結果は中吉で、「良いお土産が見つかるかも?」でした。

12月30日のモーリシャスでは、バニラ入りのラム酒が見つかりとても満足していましたが、今年も良いお土産が見つかるとのお告げがあったので、

今後の旅が楽しみです!

日本らしくお茶会に参加

お正月には日本らしいイベントに参加したい!

という気持ちから、お茶会に参加しました。

お茶会では、お抹茶を立てて頂き羊羹を頂きました。

書き初め

今年の抱負を習字する書き初めを体験!

今回の世界一周クルーズを含めて20代で2回の世界一周旅行を体験する事ができ、

途上国の方々と交流した事で、色々な意味で自分は恵まれているという事を痛感しました。

そのため、これ以上の願い事や目標が思い浮かばずとても悩みました。

しかし、色々な幸運が重なってそんな経験ができた事に対して感謝をしているので、現在の状況に感謝しているという意味で、

「世界二周目」

と書きました。

夕食はおせち料理を堪能!

夕食には、可愛らしい感じのおせち料理が出され、洋上でのお正月料理を堪能!

おせちには関西ではあまり食べる事の無いチョレギ等が入っていて、日本の料理であっても新鮮な気分で味わう事ができ、

お雑煮には可愛らしい羽子板のかまぼこが入っていて、デザートには門松の和菓子が用意されていて楽しく頂く事ができました!

まとめ

ピースボートのお正月はイベント満載な上に、夏のお正月&インド洋でのお正月という超珍しい体験をする事ができました!

こんな経験は、一生に一度あるか無いかなので、貴重な経験でした。

【記事一覧】世界一周の旅の続きを読む

【全記録】世界一周104日間の全体験記

【前の章】満点の星空と感謝を伝えるクリスマス

21日目:モーリシャス1日観光モデルコース&スケジュール!

22日目:半日でOK!レユニオン島・観光モデルコース!

23日目:洋上で新年を迎える!豪華なお正月

24日目:マダガスカル・ベレンティー保護区!ロッジで動物観察

25日目:マダガスカル!ベレンティー保護区&フォールドーファン観光

26~27日目:トラブルの事情聴取と強制下船

28日目:ロッジ宿泊!クルーガー国立公園で野生の動物の観察

29日目:アフリカ・クルーガー国立公園で野生の動物の観察2日目

30~32日目:レアな食べ物と最悪の一日

33日目:南アフリカ・ケープタウン|定番&ゆったり1日観光スケジュール