ベジタリアン&ココナッツの食べ方!食文化を学ぶ|92~94日目

GETプロジェクトレシピクラブ

世界の食文化に関心があり、ピースボート世界一周クルーズではアジア・アフリカ・南米・ポリネシア諸島の食文化だけではなく、ベジタリアンの食事も学びました。

英語を使ってテーマに沿ったプロジェクトを完成させる「GETプロジェクト」では「レシピクラブ」に参加したり、

船で働く外国人との交流を通じて食文化への理解を深めました。

スポンサーリンク

GTEプロジェクトレシピクラブの打ち上げ:92日目(3月12日)

スパークリングワイン世界一周クルーズ

今回の世界一周クルーズはのテーマは観光・グルメ・国際交流で、

  1. 観光:世界遺産や世界の絶景を楽しむ
  2. グルメ:世界の料理を堪能して食文化を学ぶ
  3. 国際交流:英会話を学び様々な国の人と友達になる事

GETプロジェクに参加するにあたって選んだのは、この3つのテーマに沿ったレシピクラブ!

レシピクラブとは、訪問した国の料理のレシピを調べて英語のレシピ本をチームで作るというプロジェクトで、3月9日に発表会でした。

3月12日の夕食は、発表やプロジェクトが無事に終わったという事で、チームのみんなで集まってスパークリングワインでお祝いをしました。

ベジタリアン食にトライ:93日目(3月13日)

ベジタリアン洋食メニュー (2)

ピースボートの夕食レストランでは他の人とは違ったメニューを食べている人が居て、「何故違うのか?」と聞いてみると、「ベジタリアンメニューだから肉は食べられないから」との答えが返ってきました。

これをきっかけに、「ベジタリアン食とはどんな食事なのか?」「味はどうなのか?」という事に関心を持ち、最後の10日間の食事をベジタリアンメニューに変更してもらいました。

ベジタリアン洋食メニュー (1)

ベジタリアン食は、野菜が多くてカロリー控えめのヘルシーな食事と思っていましたが、意外と炭水化物や植物性のオイルの使用が多く、卵も使われていたので驚きました。

主菜カロリー確保のために炭水化物や油の使用が多いとの事です。

本場南国のココナッツの食べ方を学ぶ:94日目(3月14日)

ココナッツで作った器ア

写真:ココナッツを器にしてカレーを食べた時の盛り付け

タヒチ・パペーテに寄港した際にマルシェでフルーツを仕入れ毎日のようにフルーツパーティーをしていました。

同室の子やパーティーの参加者がココナッツを購入していて、穴を空けたり割る方法に悩んでいて、栓抜きやナイフで開けようとしましたが全く上手くいきませんでした・・・

そんな時に、レストランのスタッフさん達や船の外国人クルーさん達が開け方や食べ方を教えてくれたり、目の前で実際にココナッツを割ってくれました。

実演!ココナッツの開け方【動画】


インドネシアやフィリピンの人はココナッツを開けるのが本当に上手で、鉄製の棒で4~5回叩くだけで上手にココナッツを割ってしまいます。

まとめ

ピースボート世界一周クルーズでは、英語を学習したり、外国人と交流する事によって自分の興味のある分野に理解を深める事ができる事も多いので、交流や語学学習も船内生活の楽しみの一つです。

【記事一覧】世界一周の旅の続きを読む

【全記録】世界一周104日間の全体験記

【前の章】サモアの自然とアピアで街歩き!島一周ツアー&1日観光モデルコース

93~94日目:ベジタリアン&ココナッツの食べ方!食文化を学ぶ

95~97日目:世界一周の発表会!GETプロジェクト・みんなの収穫祭

99日目:お別れイベント!フェアウエルパーティー&ディナー

100~104日目:日本帰国!横浜港・神戸税関での出来事と世界一周の荷物

104日間の世界一周旅行の体験記はこれでおしまいです。