ボリビア・ペルーバスで国境越え体験談!チチカカ湖とアルプスの車窓:4日目

ボリビア・ラパス~ペルー・プーノを陸路で国境越え!バスでチチカカ湖を渡り、ボリビア・ペルーの入出国審査を体験!

ボリビア・ラパス~ペルー・プーノを陸路で国境越え

ボリビア・ラパス~ペルー・プーノを陸路で国境越えをする場合、チチカカ湖の絶景やアンデスの人々の暮らしを見る事ができます。

スポンサーリンク

ボリビア・ペルー国境越え!1日のレポート

ボリビアのホテルで朝食を済ませる

ボリビア・ラパス景色・ホテル

ボリビア・ラパスの街並みが一望できるサンルーフで朝食!

太陽の反射や家々の明かりで、朝・昼・夜と異なった表情を見せるラパスの景色はそれぞれに魅力があり、時間を変えて何度も見たくなります。

が、バスの集合時間が8時15分なので景色をじっくりと楽しみたいのは山々なのですが、急いで食事を済ませる事になりました・・・

テレストレ・バスターミナルでプーノ行きバスに乗車

テレストレ・バスターミナルボリビア

事前に予約しておいたチケットを持って、テレストレバスターミナルへ!

今日の予定は、

  • ボリビア・ラパス~ボリビア・コパカバーナ(チチカカ湖を渡る)
  • ボリビア・コパカバーナ~ペルー・プーノ(国境越え)

このような感じで、ボリビア・ラパス~ペループーノに行くには乗り換える事になります。

ボリビア側のチチカカ湖の風景を楽しむ

ボリビア側のチチカカ湖の風景

バスがしばらく走ると、少しずつチチカカ湖が見えてきました。

この時点では本当に少しなのですが、NHKで「チチカカ湖の人々の暮らし」を見てからずっと行きたかったチチカカ湖が目の前にあると分かるととても嬉しかったです!

バスが船でチチカカ湖を渡る!

バスが船でチチカカ湖を渡る

チチカカ湖・ボリビア側には、バスが船でチチカカ湖を渡るポイントがあり、バスと人が分れて船を渡ります。

チチカカ湖渡し船

バスはシンプルなイカダのような船でチチカカ湖を渡りますが、バスに乗ったまま湖を渡る事はできず一度バスから降りてボートに乗る必要があります。

チチカカ湖バス渡る

チチカカ湖を渡ったところからの風景!チチカカ湖は海のように大きな湖で島々が美しい湖でした。

この場所は渡し船やバスが湖を渡るスポットになっていて、船が行き交う様子を見るのも◎

コパカバーナでバスを乗り換え

コパカバーナ・ボリア

ボリビア・ラパス~ペルー・プーノに行くにはコパカバーナという小さな町で乗り換える必要があり、乗り換えと昼食の購入のために30分程度の休憩があります。

コパカバーナはチチカカ湖観光のための街と言っても過言ではなく、外国人向けの飲食店や土産物屋が立ち並んでいますが、30分しか時間が無いのでレストランで食事をするのは諦めました。

昼食はボリビアの国民食「サルテーニャ」

ボリビアの国民食「サルテーニャ」

サルテーニャは、手のひらに乗る大きさの黄色い餃子に焦げ目の付いたような奇妙な食べ物でしたが、ボリビアの人々の国民食だという事でトライ!

ボリビアの国民食「サルテーニャ」中身

中には、肉・玉ねぎ・野菜類・ゆで卵が入って若干とろみがあり、思っていたよりも普通の味でした。

ボリビア・ペルー国境越え

ボリビア・ペルー国境越え

国境警察や職員による窃盗事件がネット上で噂になっているボリビア・ペルー国境越えを体験!

私の場合の国境越えは人が多くて並ばなければならなかった事以外は結構スムーズで、すんなりと国境を超える事ができました。

他の人の体験記で、

「ボリビアの国境を越えてペルーのスタンプを押してもらわなければ、ペルーを出る時に大変な事になり、忘れたらここまでスタンプを押してもらいに帰らなければならない」

という事を読んだ事があったので、忘れずにボリビア・ペルーの2つのスタンプをもらいました。

ペルー・プーノ到着!タクシーでお宿へ

プーノのバルターミナルからお宿までは結構距離があり、お宿は丘の上にあるのでタクシーを利用してお宿に行く事に!

少しぼったくられたと思いますが、運賃は7ソル(240円程度)で、迷う事や重い荷物を持つ事が無くお宿に着く事ができたのでタクシーを利用して良かったです。

夕食はアンデス料理!栄養満点のキヌアスープ

キヌアスープ

胃もたれ&腹痛でお腹の調子が悪かったので、消化が良さそうで栄養のあるスープで夕食!

プチプチとした食感のキヌアとじっくりと煮込まれた野菜の優しい味わいで、ペルー・プーノの寒い夜にはピッタリでした。

キヌアスープは今までに飲んだスープの中でトップクラスの美味しさで、ペルー滞在中にこの料理を作る事ができるようにレシピやキヌアについて勉強する事にしました!

体調不良と高山病で体力が限界・・・7時に就寝!

元々胃の調子が微妙で、「今日はきっとイマイチ」だろうな・・・

と思っていましたが、本当にイマイチで、それに軽い高山病が重なってレストランからホテルに帰る時に大変な事になりました。

その時の状況は、

  1. 高山病:坂道で激しい息切れ
  2. 高山病:めまい
  3. 高山病:頭痛
  4. 元々の体調不良:腹痛
  5. 元々の体調不良:5回程度の嘔吐

この状況だったのでホテルに帰ったらすぐに就寝し、夜7時~朝の5時まで寝ていました。

ボリビア・ペルー国境越えのアドバイス&裏話

チチカカ湖が一望できるお宿に宿泊しましたが、高台にある観光には不便な場所で急な坂を登らなければならなかったため、高山病で息切れ+体調不良で吐きながら(苦しくて涙が止まりませんでした・・・)坂を上る羽目になりました。

そのため、チチカカ湖滞在の際はプーノの中心部に宿泊される事を強くお勧めします。

プーノ観光に便利なホテル

ラパスでお勧めのホテル

使ったお金の総額&まとめ

レートは、1ドル=112円・1ソル=34.5円・1Bs=16.4の計算です!

  • ボリビア・ラパス~ペルー・プーノバス:14$
  • バス税金:2.5Bs
  • チチカカ湖渡し船:2Bs
  • 昼食・サルテーニャ:1$
  • 水500ml:1$
  • トイレ利用料:1$
  • バスターミナル~お宿までのタクシー:7ソル
  • キヌアスープ:14ソル
  • ドリンク:3ソル
  • 水500ml×2本:2ソル
  • 袋入りの飴:3ソル

各通貨の使用金額=$:1904円・Bs:73.8円・ソル:1000円

使ったお金の総額:2,978円

バスからチチカカ湖を眺めたりショートクルーズを楽しんだり、アンデスの人々の暮らしや豊かな自然を堪能する事ができて、このお値段はとてもお得だと思いました。

【記事一覧】世界一周の旅の続きを読む

【全記録】世界一周104日間の全体験記

【前の章】南極からの帰還!マゼラン海峡突入!

1日目:南米の交通機関!空港・飛行機・港・バス・ラウンジ!大移動の1日!

2日目:バルパライソ・サンティアゴ観光を満喫!1日弾丸モデルコース!

3日目:高山病対策!ボリビア・ラパス1日ゆったり観光モデルコース

4日目:ボリビア・ペルーバスで国境越え!チチカカ湖とアルプスの車窓

5日目:チチカカ湖ホームステイ2日間!トトラの浮島訪問&スローライフを学ぶ

6日目:チチカカ湖ホームステイ&インカ時代の暮らしが残るタキーレ島滞在!

7日目:プーノ~クスコ移動!インカエクスプレス遺跡巡り&ペルー料理ビュッフェ

【次の章】ペルーレイル乗車!聖なる谷とマチュピチュ村|1泊2日ツアー体験記

次の章ではついにマチュピチュへ!インカ帝国の壮大な古代都市でインカ文明に触れました!