マダガスカル・ベレンティー保護区!ロッジで動物観察

マダガスカル観光!横っ飛びするベローシファカやワオキツネザルが有名なマダガスカル・ベレンティー保護区のロッジに宿泊して動物を観察した1日の体験記!

1月2日はピースボートのオプショナルツアーで「ベレンティー保護区で自然体験2日間」に参加!

エホアラ港から4~5時間かけて、マダガスカル固有の野生動物が暮らすベレンティー保護区へ!

動物だけではなく、マダガスカルの気候・風土・植物・人々の暮らしを感じる事ができて、とても有意義な一日でした。

しかし、道中にとんでもないトラブルが発生!トラブルとは一体??

スポンサーリンク

マダガスカルを感じる1日

可愛いシャトルバスで港の入り口へ

マダガスカルは世界の中で最も貧しい国のひとつとされているためか、観光バスが無くスクールバスがシャトルバスになっていました。

アメリカ風のレトロなスクールバスはカラフルでお洒落でした。

マダガスカルの村々を車窓観光

バスの車窓からは、マダガスカルの農村・村・街等を見る事ができ、ガイドさんが説明をしてくれるので、

マダガスカルの人々の暮らしを知る事ができました。

金棒の木の森

金棒の木と呼ばれる、若干グネグネと曲がった木は幹から良く分からない形の葉が出ていて、それが大量に群生する様子は不思議でした。

この木は、マダガスカルの人々の建築資材として使われるそうで、木が減ったらボランティア団体が植林に来るとの事です。

トラブル勃発!大柄で迷惑な男性がスタッフに手を出す

私が乗ったバスには、迷惑で自己中な大柄の男性が乗っていました。その男性は本当に迷惑で、通訳さんの邪魔をしたり大声で騒いだりして、スタッフや他の参加者に多大な迷惑をかけまくっていました。

あまりにも酷いので、私が注意をしようとしたところ、スタッフさんが先に注意をしました。

しかし、全く静かにならず、余計にうるさくなったので、再度注意をした所、大柄の男性が女性のスタッフに手を出してとんでもない事に!

これには他の乗客も怒り、「日本の恥」「人間以下」「出ていけ」「最悪最低」「黙れ」と言われていました・・・

バオバブ発見

見る事ができないと諦めていた大きなバオバブを見る事ができました!

バオバブは、他の木よりも太くて大きく、そびえ立つような感じで迫力がありました!

ロッジ到着!昼食を頂く

ロッジに到着すると昼食で、昼食を食べているとワオキツネザルが近くに寄ってきて、ごはんを取りにきました。

手を伸ばせばワオキツネザルに触る事ができる距離で、こんな近くでこんなに可愛い動物を見る事ができるのは感動体験でした!

ベレンティー保護区でハイキング

森の中を歩いて動物を探したり、植物を見るハイキングへ!

ホウシャガメさんに会う事ができました。

日焼け対策のし過ぎで暑くて気持ち悪くなる

マダガスカルは日差しが強いと聞いていたので、日焼け対策を徹底して、

  • 厚手のタイツ
  • 手の甲まで隠れるTシャツ
  • 真っ黒なUVカット帽子

を着用して一日を過ごしていると頭が痛くなって気持ち悪くなりました。とにかく暑くて気持ち悪かったので水浴びをして水を飲むと元気になり、

「これが熱中症か??」

と思いました・・・

ナイトサファリ

ナイトサファリでは、「とげの森」と呼ばれるサボテン等のとげのある植物が生い茂る森で夜行性の動物を観察!

ネズミキツネザルやカメレオン等の動物を観察する事ができました。

キャンプファイヤーと夕食

ナイトサファリが終わると夕食で、キャンプファイヤーがありました。

南アフリカ産のワインと共に、カニスープ・ラム肉のシチュー・クスクス等の料理を堪能しました!

ロッジが停電!

私は疲れて寝ていて気が付きませんでしたが、ロッジが停電して真っ暗になったのでドライヤーで髪を乾かしていた同室の子は大変だったそうです・・・

マダガスカルは電力が不安定で計画停電が頻繁にあり、大変な国だという事が分る経験になりました。

マダガスカル寄港1日目の感想とまとめ

ベレンティー保護区のロッジに宿泊するツアーに参加しましたが、保護区だけではなく、人々の暮らし・マダガスカルの自然・日本の恥・食文化等を感じ、充実した1日を過ごす事ができました。

2日目は、保護区とフォール・ドーファン観光で、動物とマダガスカルの人々の暮らしを感じる1日の日記ですのでご興味のある方はご覧ください!

【記事一覧】世界一周の旅の続きを読む

【全記録】世界一周104日間の全体験記

【前の章】満点の星空と感謝を伝えるクリスマス

21日目:モーリシャス1日観光モデルコース&スケジュール!

22日目:半日でOK!レユニオン島・観光モデルコース!

23日目:洋上で新年を迎える!豪華なお正月

24日目:マダガスカル・ベレンティー保護区!ロッジで動物観察

25日目:マダガスカル!ベレンティー保護区&フォールドーファン観光

26~27日目:トラブルの事情聴取と強制下船

28日目:ロッジ宿泊!クルーガー国立公園で野生の動物の観察

29日目:アフリカ・クルーガー国立公園で野生の動物の観察2日目

30~32日目:レアな食べ物と最悪の一日

33日目:南アフリカ・ケープタウン|定番&ゆったり1日観光スケジュール

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする