マナー違反の数々と紅白歌合戦|ピースボート19~20日目:乗船記

紅白歌合戦は楽しかったですが、この頃からは重大なマナー違反や人間としてどうなのか?と感じる日本の恥となるような行為が多発し始めました。

負け惜しみ・マナー違反・自慢等の内容と思った事を紹介します。

嫌な事もありましたが、考え方を変えると面白い出来事で、ある意味勉強なる出来事でした。

スポンサーリンク

紅白歌合戦:19日目(12月28日)

本来は12月31日ですが、寄港地が続くので早めの紅白歌合戦が行われました。

エントリーした50組の中から16組が出場し、赤組(右舷)と白組(左舷)に分かれて歌声を披露しあいます。

宇宙戦艦ヤマト・愛をこめて花束を等の有名な歌から創作ソングまで様々なジャンルの歌を聞く事ができ、中々の内容でした!

出演者の中には、テレビに複数回出演した経験を持つ方もおり、レベルの高いイベントとなりました。

日本に居る時は季節のイベント等に興味が無く、一年を通じて同じような暮らしを送っていますが、船の中ではイベントに参加する事ができて日本に居る時以上に季節を楽しんでいます。

ただ、この時も目の前で「人間としてどうなのか?」と感じるような重大なマナー違反がが発生したので気分を害しました。

マナー違反と負け惜しみ:20日目(12月29日)

船内生活に慣れてきた人も多く、マナー違反や幻滅するような行為が多発していますが、問題なのは中国人や若者ではなく人生の先輩の方々です・・・

マナー違反の内容

  • 十数人が乗るエレベーターの中で歯糞をほじくる不潔行為
  • 食べた物を皿に吐き出すような同席者が不快感を覚える最低最悪のテーブルマナー違反
  • 風呂に入らず悪臭を放ちながら大勢が集まる講座を受ける
  • 匂いの強い食べ物を大勢が集まる講座ホールで食べる配慮不足
  • 立ち入り禁止区域に入り三脚を構えて写真撮影を行う
  • 現地の人の生活支援団体のバザーで値切る
  • 平気で割り込みを行い周囲から批判を受けまくっているのに無視&謝らない

まだまだたくさんありますが、全て日本人による違反で、こんな感じのマナー違反が発生しています。

情けない自慢と負け惜しみ

今日の食事の際に呆れるを通り越しておかしいとしか思えない出来事がありました。

自慢が好きな男性1人とその同室者と相席する事になり、その男性は私を含む若者の事を見下して、

「乏しいお金でオプショナルツアー取れない」「お金がない」

のような事を偉そうに言ってきました。

その前の会話で、その男性と同室者は1回目の世界一周旅行で、しかもキャビンは男性4人の一番安いクラスの客室で、同室者の方は「お金が無いという理由」でオプショナルツアーをキャンセルしまくって、

オプショナルツアーを取らないと満足に観光できない国ですら自由行動をすると言っていました。

75歳にもなってそんな状況の人間なのにも関わらず、自慢&年下女性を見下す対応で、ムカつく質問をされたのでこう答えました。

「この船に乗る方々は客層が悪いので関わりたくないと思っています」

とハッキリ言ってやりました。

その直後に、私が飛鳥Ⅱの過去乗船者である事が相席していた方の発言で情けない方に知れると今度は負け惜しみです。

負け惜しみ

男性の発言は、

「飛鳥Ⅱは自慢ばかりをする人が集まっていて比べられるから好きではない」

「1泊2日で利用したから部屋はビジネスホテルのような感じだよ」

この事から分かった&推測した事は、

  • 部屋がビジネスホテル=最低ランクの客室
  • 最低ランクの客室に1泊2日という事は予算をケチって無理矢理乗船
  • 飛鳥Ⅱに乗った事を自慢したいから無理して乗船
  • 飛鳥Ⅱでも低レベルでしょうもない会話をして見下された
  • 自分が優位に立って人を見下したいのにほとんどの人が自分より上で鼻で笑われた

この事から学んだ事と感想

偉そうな態度と知ったかぶりは恥をかく原因になるので自分も気を付けなければと感じ、取り繕おうと負け惜しみ発言をしてもみっともないので負け惜しみを言わないようにしようと思いました。

前回に乗船した時もこんな感じの事はありましたが、前回は「腹が立つ」「もう嫌だ」とような気持ちで終わっていましたが、

今回は「これらの発言の背景を考えてみよう」と思えたので、ムカつく事もおかしい事に変える事ができて、2年で精神的に成長したと感じました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする