ムヒカ大統領に面会!日本人の心の貧しさを実感したリアルな理由は?

ピースボートでウルグアイ・モンテビデオを訪問した際に「世界一貧しい大統領」と呼ばれるムヒカ大統領に面会し、約3mの距離でスピーチを聞きました。

欲深さを嫌うムヒカ前大統領大統領の目前で、60~70代前半の日本人男性によるマナー違反と迷惑行為が発生!自己中行為の内容は?どんなことが起こったのか?ムヒカ前大統領のスピーチから学んだ事をご紹介します!

日本ではヤフーニュースでムヒカ大統領がピースボートに訪問された事が取り上げられましたが、その裏側で起こっていた一部の出来事をご紹介します。

スポンサーリンク

ムヒカ大統領に面会できた理由

ムヒカ大統領に面会できた理由は、ピースボート世界一周クルーズに参加していてムヒカ大統領が船にお越しなられたからでした。

大統領の訪問は事前に知らされていた訳ではなく、急きょ決定となったそうで、ウルグアイ・モンテビデオ寄港の3~4日前に発表になり、とても驚きました。

スピーチの内容

ムヒカ前大統領のスピーチの内容は、テレビや書籍でも紹介されていた内容と殆ど同じような感じの内容で、通訳が入りながらの15分程度のスピーチ(実質5~7分程度)でした。

前大統領のお言葉はこのような感じで、

「持っていない事が貧しいのではなく、無限に欲があってそれでも満足できない事が貧しい事だ」

「この国は南米一平等な国で女性の権利をしっかりと守っている」

「美味しい畜産製品が豊富で食べ物に恵まれている」

あの有名な言葉を中心に、簡単なウルグアイの紹介をされました。

日本人は貧しいと思った理由は?

日本人の心が貧しいと思った理由は、

「持っていない事が貧しいのではなく、無限に欲があってそれでも満足できない事が貧しい事だ」

と大統領が話されているすぐその時に、

60~70代の男性が周囲の人を強引に押しながらカメラを構え、迷惑行為を注意されても全く止めず、人の頭に長い望遠レンズをバシバシぶつけながらひたすら迷惑な写真撮影をしていました・・・

他人を押しのけて自分の利益しか考えない自己中で貧しい人

この時のムヒカ大統領のスピーチでは、「自分の持っている物に満足をして他の人にも分ける事が大切」だという事を伝えたかったのだと思いますが、

60~70代の彼は「自分の持っている物だけでは飽き足らず他人に迷惑をかけて自分が得をしようと必死」でした・・・

この行為を見て、

  • この年で譲り合いを知らないという事はよっぽど貧しい人生だったのだな
  • 欲張りって迷惑行為につながるんだな
  • 日本の恥をさらしていて情けない
  • ムヒカ大統領はこんな事を望んでいない

と感じました。

ムヒカ大統領のスピーチと貧しい心の日本人

この時の私はムヒカ大統領のスピーチを立見席の最前列で見ていましたが、大統領のスピーチを聞いていて「持っている物に満足して他の人にも分ける事が大切」だという事を再認識したので、

「後ろの列の方にも最前列でスピーチを聞いてもらって大統領をよく見てもらえたら」と思ったので交代しました。

その際に、

先ほどの欲張りな方が強引に割り込んできそうだったので、

「欲張りなあなたと交代するのではありませんよ」

と言うと、一連の行為を恥じるどころか男性は私を睨みつけました。

男性にこう言った理由は、

  1. 欲深すぎてスピーチの意味を理解できないので無意味と感じた
  2. この人が前に来ると他の人に順番を代わらないと判断した
  3. これ以上日本の恥をさらして欲しくない
  4. 欲深いという事は損だという事を簡単な例でも良いから理解して欲しかった

こんな感じです。

まとめと感想

「欲張りな事は良くない・分け与えよう」という事を伝えるスピーチの最中にこんな事件が発生し、「貧しさとは何か?」をリアルに体感する事ができました。

【記事一覧】世界一周の旅の続きを読む

【全記録】世界一周104日間の全体験記

【前の章】夏祭りに旧正月準備!イベント満載の船内生活

43日目:ブラジル・リオデジャネイロ1日観光!コルコバードと旧市街散策|女子旅

44~46日目:幸せのチョコレートとマテ茶の入れ方を学ぶ

47日目①:ウルグアイ・モンテビデオ半日観光モデルコース!名物グルメと街歩き

47日目②:ムヒカ大統領に面会!日本人の心の貧しさを実感したリアルな理由は?

48日目:アルゼンチン・ブエノスアイレス市内1日観光モデルコース!

49~52日目:中国のお正月「春節」を体験!

53日目:アルゼンチン・ウシュアイア観光モデルコース!世界の果てのスポットは?

【次の章】南極海クルーズへ!大しけのドレーク海峡通過!1日の体験記

次の章では南極突入!驚きの風景・現象の数々をご紹介します!