初心者必見!ピースボートのクルーズの選び方は?

ピースボートは世界一周クルーズだけでも大きく分けて「北欧」「ヨーロッパ」「南半球」3種類のクルーズが用意されています。

世界一周クルーズが初めての方は「どれにしようか?」本気で悩むと思います。

この記事では、3つの世界一周クルーズの魅力を徹底解説しますので、ご参考にして下さい。

スポンサーリンク

世界一周クルーズは3種類!魅力は?どんな人にお勧め?

ピースボートで2回の世界一周クルーズを経験した体験から、特徴と魅力を簡単に説明した上で、どんな人にお勧めか?を紹介します。

ヨーロッパ中心!夏クルーズ(真ん中回り)

%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%bf

魅力・特徴

  • ヨーロッパの寄港地が多いクルーズ
  • フランス・イタリア等の人気の高い国に行く
  • 有名な世界遺産(建築物や街並み)を見る事ができる
  • オーロラシーズンなので、オーロラが見れるかも!?
  • パナマ運河・スエズ運河を通過する
  • 10代~30代前半の若者が多い(30%前後)
  • 自由行動がしやすい
  • 7月~10月の夏クルーズ

どんな人にお勧めか?

真ん中回りのヨーロッパクルーズは、比較的安全で自由行動がしやすい有名な国に行く場合が多いので、旅行経験が少ない方や若者にお勧めです。

また、夏クルーズは時期が良く、3月末で退職した人や夏休みの大学生にもお勧めです。

特に、自由行動がしやすい事はお勧めのポイントで、立ち寄った国で自由にショッピングや食事を楽しむ事ができるのは嬉しい!

ヨーロッパはおしゃれなお土産や美味しい食べ物が多く、グルメやお土産の購入を楽しむ事ができます。

北欧中心!春クルーズ(北回り)

%e6%b5%b7%e5%a4%96%e3%81%ae%e5%b9%bc%e7%a8%9a%e5%9c%92

魅力・特徴

  • フィンランド・デンマーク等の北欧に立ち寄る
  • 北欧は宿泊費・食費等の物価が高いので、船で宿泊できるのは嬉しい
  • 少し珍しい国に行く
  • パナマ運河・スエズ運河を通過する
  • 北極圏で白夜を体験できるかも!?
  • 10代~30代の若者が比較的多い(20~30%)
  • 自由行動がしやすい

どんな人にお勧めか?

北欧クルーズは、真ん中回りとほぼ同じ航路ですが、より安全な北欧に行きます。

北欧は物価が高い国が多い事で有名で、夏クルーズに比べるとすこしお金がかかります。

どうしても北欧に行きたい!安全な旅行がしたい!白夜が体験したい!

という人にお勧めです。

南半球!冬クルーズ(南回り)

魅力・特徴

  • イースター島・マチュピチュ等の憧れの観光地
  • 南米・南アフリカ・ポリネシア等の珍しい国に行ける
  • 南極やチリの氷河を間近で見る事ができる
  • 旅費や飛行機代が高い国ばかりなので、コスパが良い
  • 20代までの若者が10~15%と少ない
  • ピースボート2回目以上のリピーターが多い

どんな人にお勧めか?

南半球クルーズは、旅費や飛行機代が高く、日本人には馴染みのが少ない国に行きます。

旅費が高い・中々行く事のできない国・治安に問題がある国に行くので、ある程度、旅慣れていた方が良いでしょう。

マチュピチュ・イースター島・マダガスカル・南アフリカ等の旅費が高い国に行くので、コスパを気にされる方には特にお勧めです!!