南極クルーズ体験記4日目~終了&マゼラン海峡突入!

南極クルーズ後半戦!南極大陸から陸地に戻り、マゼラン海峡突入!出来事は?思いもよらない意外な事や意外な発見があった3日間の記録!

南極観光船・ツアー

南極で熱中症、静かな海の月の道、あまりにも多くの世界最南端の○○等、意外な出来事と発見をご紹介します!

当記事は、ピースボート世界一周クルーズ57日目~59日目(2月4日~2月6日)の体験記です。

スポンサーリンク

南極クルーズ体験記4日目:まさか!南極で熱中症!?

南極海を抜けると、ウシュアイアを出港してしばらくの海の様子と同じように全くと言っても良い程に何も無く、ただ曇った空とねずみ色の海が広がるだけでした。

しかし、気温は徐々に上がっていき、南極海の中心部の刺すような寒さではなく日本の冬の雨の日の湿った寒さに変わっていきました。

そのせいかは分かりませんが船の暖房が効きすぎていましたが、超防寒対策のためにカイロ・ヒートテック長袖2枚・トレーナ・パーカー・ウルトラヒートテックタイツ・長ズボンを室内でも着用していると段々と気持ちが悪くなってきました・・・

症状は、

  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 吐き気
  • めまい
  • 気分不良

「これは熱中症の症状だ・・・」

と、しばらくしてから気が付きました・・・

帰り道の自然の変化

南極から南米大陸に戻っていくと、外が明るい時間が短くなり、昨日は夜の12時でも明るかった空が12時には真っ暗になっていました。

また、見られる動物の数も極端に減り、この日はクジラやペンギンの姿を一切見る事ができなくなり、鳥が飛んでいるだけでした・・・

南極海と他の海との気温差は2~3℃でこの気温差のせいで生き物が海と海を行き来する事ができなくなるとの事で、温度差が壁になっている事を感じました。

南極クルーズ終了!:58日目(2月5日)

世界最南端の○○

どんどんと陸地に向かって行き、南極を出発して初めての陸地が見えました。

南極クルーズをしていると、世界の最南端の○○に出会う事が多く、最初は「世界の最南端」と聞けば「スゴイ!」と思っていましたが、慣れてきたせいか「またか」と思うようになってきてしまいました。

マゼラン海峡突入と海の月:59日目(2月6日)

マゼラン海峡に近くなるにつれて石油や天然ガスを採掘する基地が増えてきました。このあたりの海はガスや石油採掘基地がとても多く、何十個もの基地を見る事ができます。

マゼラン海峡は有名ですが、ただの陸地とほとんど変わりは無く、正直な感想としては鳥・船・石油基地を見ている方が面白いと感じました・・・

美しい海の月

海の月

マゼラン海峡は潮の流れが穏やかで波もほとんど無かったので、海が月の光を鏡のように反射し、月の道を作っていました。

海の上の月の道を見たのは人生で初めてで、静かな海にゆらめく月の光はロマンティックでした。

マゼラン海峡の月や太陽は美しい!

海の太陽美しい曇り

マゼラン海峡の海に映る月も美しかったのですが、翌日の早朝に見た太陽も、静かな海に綺麗に反射し、月とは違った美しさでした。

まとめ

南極クルーズ後半戦は前半に比べると見どころは少なく、帰るだけという感じでしたが、運がよければ空にかかる虹・月の道等を見る事ができます。

後半は南極観光で疲れたので休んでいましたが、意外な発見や景色を見る事ができて感動しました。

【記事一覧】世界一周の旅の続きを読む

【全記録】世界一周104日間の全体験記

【前の章】アルゼンチン・ウシュアイア観光モデルコース!世界の果てのスポットは?

1日目:南極海クルーズへ!大しけのドレーク海峡通過!1日の体験記

2日目:南極海突入!大自然と基地を観察した1日の内容は?

3日目:南極クルーズでやった事は?最大の見どころ滞在丸1日を大公開!

4日目~終了:マゼラン海峡突入!

【次の章】南米13日間バックパッカー編スタート!

次の章はいよいよ南米!マチュピチュ・チチカカ湖バックパッカーにチャレンジ編!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする