ピースボート・地球大学とは?|費用・内容・学べる事を解説!

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892

ピースボート世界一周で開講される地球大学の費用・内容・学べる事を解説します!

スポンサーリンク

ピースボート地球大学とは?

簡単に説明すると、環境・人種・貧困問題を、専門家よる講義・現地での実体験を通じて学び、話し合いで意見を出し合い、意見を取りまとめて、発表するプログラムです。

費用

地球大学の費用は、クルーズや開催される内容によって異なり、数万円~数十万円の費用となっております。

費用の一例は下記の通りで、

  • 84回:10万円(地球大学+英会話の授業)
  • 88回:37万円(乗船料込・20日短期特別プログラム)
  • 93回:5万円(地球大学のみ)

となっております。

クルーズによって費用や内容は異なりますが、世界一周クルーズ全区間に参加する場合の地球大学の費用は5~10万円程度と考えておいて下さい。

注:地球大学オプショナルツアー・日本での事前学習に参加する費用として追加で5~10万円の費用が必要な場合があります。

地球大学で学べる内容は?何をするの?

地球大学は、受講者が集まって日本での事前学習・船内ゼミでの講義・現地で実体験・体験した事を話し合う・報告会で発表するという流れになっています。

出発前の現地学習

出発前の日本での現地学習の内容は、受講者が指定された場所に集まり、現地学習を通じて学びを深めます。

例:

東日本大震災の被災地「石巻」で合宿を行い、震災の被害や復興の様子を見学し話し合いを行います。

地球大学ゼミでの講義

水先案内人と呼ばれる、専門家の講義を聞き、貧困・人種・民族・自然環境・文化・歴史・経済等を学びます。

例:

カカオ農家の貧困問題

%e3%82%ab%e3%82%ab%e3%82%aa%e3%81%ae%e5%ae%9f

農家の作るカカオ豆には、一家が生活できないような値段しか付かず、農家の子ども達は貧困のために学校に行く事ができず、一家はその日の食料にも困る生活に陥っている。

それを解決するには、正当な価格で買い取る「フェアトレード」の取り組みが必要だが、フェアトレードにも大きな課題がある。

地球大学では、学んだ事に対して意見を発し、「自分たちのできる事は何か?」を考える授業が行われていました。

地大オプショナルツアーで実体験を積む

現地のNGO団体を訪問し、環境破壊・社会問題・民族問題等を自分の目で見て体験します。

地球大学のオプショナルツアーでは、現地の家庭にホームステイを行う事もあるので、現地の人々と交流しながら実情を学ぶ事ができます。

報告会で学びを発表!伝える力を身に着ける

地球大学では、学んだ事をグループディスカッションで話し合い、話し合った事をまとめて定期的に報告会を行います。

報告会では、パワーポイントを使った資料を作成し、多くの人の前で発表するスタイルで、物事を分かりやすく発表する訓練につながります。

易しい内容で初心者が参加しやすい

「地球大学」と聞くと、

「難しそう・・・」「私には無理かも・・・」

と思う方も居ると思いますが、

地球大学は初心者にも分かりやすい内容で、世界の問題を全く知らない受講者にも安心の内容となっています。

発表や一部の講義を聞いた事がありますが、入門~初心者向けの基礎的な内容です。

地球大学参加のメリットは?

地球大学では、グループディスカッションや発表会を行う機会が多く、

  • 世界の問題を手軽に学ぶ事ができる
  • 自分の意見をまとめる
  • 人の意見を聞き自分の意見を相手に伝える練習
  • 話し合いを通じて意見を取りまとめる
  • 分かりやすく相手に伝える練習

というメリットがあります。