2泊3日が1万円!豪華&激安さんふらわあ弾丸フェリー旅の費用を解説

テレビ朝日スーパーJチャンネル弾丸フェリー特集で話題!

「激安で豪華な船の旅ができる」弾丸フェリーは2泊3日1万円は本当か?さんふらわあ新さつま大阪~九州2泊3日にかかった費用を明細を交えてを徹底解説します。

スポンサーリンク

格安弾丸フェリー2泊3日がたったの1万円は本当!

格安航空LCCや胡散臭いクルーズ船・格安旅行などでは宣伝されている金額以外に追加料金を半強制的に支払わさせられる事が多く、

「さんふらわあでも追加料金があるのでは?」「怪しい・・・」

と思っていましたが、

商船三井のさんふらわあクルーズは本当に料金が1万円でその他の費用の支払いを求められる事はありませんでした!

追加料金不要!パッケージツアーの素泊まりプランのようなもの

商船三井のさんふらわあクルーズ・弾丸フェリー2泊3日旅行は売店での買い物や有料の食事をしなければ本当に1万円ポッキリです!

政治家の辻本清美との関わりが指摘されている胡散臭いクルーズ船の場合は、

129万又は70万・99万と大々的に宣伝しているにも関わらず、

  1. ビザ取得費用:37,751円
  2. ポートチャージ:37,800円
  3. チップ:52,000円

という具合に、

12万7551円もの意味不明なお金を余分に支払いました。

飛鳥Ⅱ(日本郵船)・さんふらわあクルーズ(商船三井)の場合は運営元がシッカリとした信頼できる誠意ある会社なので、

正直・明瞭価格でせこい事はしないので安心して乗る事ができます。

【写真・さんふらわ新造船】吹き抜け・まわり階段のある豪華で清潔な船内

1万円にしては豪華な上に誠実な会計で安心して人に勧められるので、テレビ朝日スーパーJチャンネルでも取り上げられ特集が組まれる事も納得できました!

何も食べずに徒歩移動なら1万円で九州・北海道旅行ができる

どうしても1万円で格安弾丸旅行をされたい場合は、3日間何も食べない又は家にある食品持参で徒歩観光を行う事をおすすめします。

幸いさんふらわあの新造船には、

  • 熱湯の出る給湯器
  • 氷が出てくる製氷機
  • 電子レンジ

があるので、

カップラーメン・カップ焼きそば・コーヒー・お茶程度なら自分で作る事ができ、

水筒を持って行けば飲み物も無料で用意する事ができて完璧です!

食費・現地での観光費用は自前!

2泊3日・大阪~九州往復1万円の弾丸フェリーは、

  • 港から港までの往復交通費
  • 寝具代
  • 大浴場などの施設利用費

は料金に含まれていますが、

港を降りた先での交通費や施設入場料などは当然自分で払わなければなりません。

徒歩で観光して何も食べないなら観光にかかる費用は0円で、正真正銘の2泊3日1万円の激安弾丸フェリー旅行ができる訳ですが、それではちょっと面白くありません。

しかし、

1人3,000円程度の予算を組めばレンタカーを借りてドライブしたり温泉街を満喫したりする事ができるので、その程度はお金を出す事をおすすめします。

※観光予算は人数や行く場所・食べる場所によって異なります。

さんふらわあ大阪‐志布志にかかった実際の費用と内訳

格安フェリー・大阪~鹿児島県志布志に2名で旅行した際の全ての費用と内訳をご紹介します。

格安弾丸フェリー旅行2泊3日・1名あたりの金額

かかった費用の合計金額は2万1306円(1万6426円・補足2)でした!

土産無し・ビュッフェや有料の食事を食べずに自宅から近い出発地を選んでいれば7千円以上節約できたと思いますが、船旅と観光を楽しみたかったのであえて節約はしませんでした。

この旅行の体験記はこちら

補足1:船酔いをしてしまったので朝食が食べられませんでした

補足2:テレビ朝日の取材を受けた際に観光費用はテレビ局が支払ってくれたので0円でした

補足3:大阪~志布志航路の場合、志布志から車1台につき2,000円の観光助成金が出ます

まとめ|弾丸フェリー1万円は本当+αで観光予算

いかがでしたか?

当記事では、1万円で豪華な船旅ができる格安弾丸フェリーにかかる実際の費用をご紹介しました。

さんふらわあは追加料金ナシの明瞭で良心的な会計なので乗船料1万円は本当ですが、観光費用や食事代は付いていないので個人の都合に応じて予算を付けて下さい。

【写真】無料で観光できる鹿屋航空基地資料館には日本軍~自衛隊の飛行機が展示されている

九州は自然が多く無料の観光スポットも豊富なので激安旅行をしたい方は無料の観光スポット(雄川の滝鹿屋航空基地史料館がおすすめ)を是非探してみて下さい。