英語学習!ピースボート世界一周で英語を話す事ができるのか?

ピースボート世界一周で英語を話す事ができるようになるのか?船内での英語学習の実情や国際交流についてレビューします。

世界一周で色々な国を訪問すると「英語を話せるようになるかも?」と期待してピースボートに乗船される方も多いと思いますが、

実は8割以上の方は英語を話せるようになりません・・・

ピースボートで英語学習に成功した管理人が、「ピースボートでの英語学習の実情」についてご紹介します。

スポンサーリンク

ピースボートは英語学習・国際交流のチャンスが満載!

ピースボート世界一周クルーズでは、アジア・ヨーロッパ・アメリカ・中東といった世界中の国をまわり、寄港地では買い物や観光等で英語を話す機会がたくさんあります。

また、外国人のスタッフ・乗客・英会話の外国人講師等も多数乗船しているので、英語や外国人に毎日のように触れる事ができます。

外国人に積極的に声をかける勇気が無くても、有料・無料のGET(英会話教室)があるので、英語を学ぶ事ができ、

ピースボートには英語を学ぶ環境が整っています。

世界一周をしても英語を話す事ができない理由

それにも関わらずピースボートに日本人が乗っても英語を話す事ができない理由は、

日本人の乗客がほとんどだからで、日本人は日本人同士でくっついてしまい、外国人が近くに居るにも関わらず、全くと言っても良いほど英語を使わないからです。

また、ピースボートは日本人が運営する船なので、通訳も居て、英語を話す必要が無い事も世界一周しても英語を話す事ができない理由になっています。

(逆に考えれば、英語を話せない日本人にとって英語が必要でないピースボートは安心ですが・・・)

当ブログ管理人は、1度目のピースボート世界一周クルーズに参加する前は英語をほとんど話す事ができませんでしたが、

毎日のように英語を話していると、「日本人にしては英語が上手すぎる」と言われるくらいに英語が上達し、外国人の友人を10人以上作る事ができました。

英語を話す&外国人の友達を作るには積極性が大切!

英語を話す事ができない人と話せるようになった人の違いは、「積極性」「社交性」で、英語下手でも積極的に外国人と話をしている人は上達しています。

一般的な日本人は英語を話す際に「文法や単語が合っているかな・・・」「間違えたら恥ずかしい」と思ってしまう事が多いので英語で話しかけられると萎縮する方が多いのですが、

それを考えていると一生英語を話す事ができないと思います。

【写真】ピースボートで働くクルーは東南アジア出身者が多くフレンドリーで話しやすい

ピースボートに乗っている外国人のスタッフは英語が母国語でない場合も多く、彼らの英語も間違えている事が結構あります。

私の英語も間違えている部分が多く、彼らの英語も間違えている事がありますが、意味は通じておりコミュニュケーションを取る事ができます。

ピースボートで英語を学ぶメリットとアドバイス

話さなければ言いたい事は伝わりませんが、間違えていても話せばある程度の言いたい事は伝わります!!

ピースボート世界一周で英語が話せるようになりたいのなら、とにかく積極的に外国人に声をかけてみる事が大切で、

それを積み重ねると英語を話す事ができるようになるだけではなく、国際交流にもつながり、帰国後も連絡を取り合う友人ができるかもしれません。